最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

レンタルサーバー ロリポップ

A8.net

« わおんカード | トップページ | 会社PC »

2010年2月17日 (水)

Vmware Player

何気に入れてみた。母艦は次のような構成

Core2Quad6600

Memory4GB

OS:WindowsVista Home Premium(32bit)。

簡単なユーザー登録をすることによってVmware Playaerはダウンロード可能になります。早速登録&ダウンロード。

インストールも簡単に終わり早速OSをインストールメモリも1GB割り当てておけばubuntuは普通に使えるので設定を変更しメモリ1GB、HDD20Gを割り当ててDVDドライブにubuntu9.10 desktop RemixのCDを入れインストール開始。インストールも簡単に終了。
何せ事前にユーザー名とパスワードを入れておけるのでほぼ自動インストール。気が利くね。

でVirtualBoxでいうAdditionalの役目を行うvmware Toolsをダウンロードアンドインストール。再起動後OSにログインすると画面も1920×1080で利用でき音もきちんと出ます。すげー☆
お約束のアップデートとMac4linやubuntu Tweak、wbarなど必要なツールをインストール。もう設定慣れました(笑)

さくっとMacOS-XもどきのデスクトップがフルHDの解像度で使えるようになりました。結構快適ですよん。

こんだけ快適に仮想マシンを使えるのなら、ホストOSをubuntu64bit版+メモリ8GBにしてゲストOSをWindowsにしようかなぁ。。。。

VirtualBoxとの比較ではVirtualBoxで使えなかった1920×1080の解像度でばっちり使えるし、ウインドーモードでvmwareを立ち上げているときにマウスがシームレスに使える等Vmwareの方が断然優れます。流石有料ソフトが元なだけある。

後、違うマシンでubuntu8.04から順次アップデートを掛けてみたらVmware Toolsをインストールするってのはどうもカーネルをbuildしているようです。なるほど快適に使えるはずだ。

結論:簡単な登録で使えるのでVmware Playerの方が良いです(笑)タダだし☆

« わおんカード | トップページ | 会社PC »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vmware Player:

« わおんカード | トップページ | 会社PC »