最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

レンタルサーバー ロリポップ

A8.net

« 真夏みたい | トップページ | 安い!! »

2009年5月13日 (水)

EEEPC901-Xセッティング(SSD編)

下記のものを購入。web上で情報を収集しEEEPC901-16G用のこいつがBiosを最新のものにすれば動作することを確認。しかも裏面をはずし簡単にアクセスできるデフォではMLC-8Gが入れてあるスロットと交換すると、こっち側がCドライブとして認識するとのこと。これは都合がなお良い。ですぐさま梅田のヨドバシへいく三週間ほど入荷していないし、いつ再入荷するかわからないとの返答値段は一応19800円といわれた高いので予約もせずに帰り、すかさずアマゾンを検索。すると16905円しかも即納。ってことで即ぽちっと行きました。

早いもので火曜日には届いたので早速セットアップ。

取り付けについては何も問題なし。
1.裏蓋を取り外す
2.DドライブのSSDの日本のねじをはずす
3.SHD-ES9M64Gを取り付けねじ二本を取り付ける
4.裏蓋を閉じる
以上の作業で作業自体は2分くらいで終わり。

ここから再セットアップを行う。再セットアップに使ったのはパナソニックUJ-120外付けUSBボックスに入れたものをドライブとして利用。

作業の要点としては以下の通りでした。

・通常のリストアを行うとCドライブが64Gになるが、最初から付いていた4GがDドライブになるためにProgram FilesなどがDドライブにリストアされるためこの環境下では逆に意味が無い。ていうかせっかく大きくしたのに沢山のソフトをインストールできない。

・この問題を回避するためにOEMバージョンのインストールCDがあればそちらからクリーンインストールを64G(Cドライブ)にイ行い、その後にバックアップDVDからドライバ、ソフト関係を再インストールする。

ということでした。Webの情報ではバックアップDVDのi386ディレクトリからnliteを使って再インストール用のDVDを作成してリストアする方法もあるようです。

nliteを使ってリストアするとアップデートを繰り返す時間が短縮できます。普通にクリーンインストールするとnliteを使ってインストールDVDを作る手間が省けます。まぁ一長一短ですね。私は後者を選びました。

アップデートに時間がかなりかかりましたが、作業終了後は広大なCドライブのEEEPC901-Xが誕生いたしました。これでかなり使える奴になりました。

これにより多少のバッテリーの持ちの悪さがあるようですが、普通のPCとして使える(ある意味当たり前だけど)この使用感の向上は大成功だと思います。

みなさんも是非やってみてはいかがでしょうか?

ここまでの投資総合計51,905円

« 真夏みたい | トップページ | 安い!! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EEEPC901-Xセッティング(SSD編):

« 真夏みたい | トップページ | 安い!! »